ピルについて考える女性

妊娠する気がハナからないなら、避けられる手段があるのならば、その手段を活用しましょう。ピルによって避けられる想定外をなくし、安心を得るためにピルについてもっと知りましょう。

乳癌の疑いのある人はヤーズなどのピルの服用不可

生理不順や生理痛で悩む女性は多数います。生理は、毎月おとずれるものですから、痛みにも毎月襲われることになります。正常であれば、28日周期でおとずれる生理が、生理不順の人はいつやってくるか分からず、ナプキンを常備しなくてはいけないなどの面倒なことになります。
こうした生理通や生理不順を改善するための薬として、ピルがあります。
ピルは、女性ホルモンのエストロゲンが配合されており、卵胞の発育や排卵を抑える作用により月経時の疼痛を軽減します。
ピルの種類は多数あり、生理痛などに効果を与えると合わせて、副作用もあります。むくんだりニキビが出たり、体重が増えたりなどの症状が現れたりします。
近年発売され愛用する人が増えていますヤーズは、従来のピルに比べエストロゲンの量が少なく、含まれている黄体ホルモンもドロスピレノンという新たな種類を使っています。ドロスピレノンは、体の中の黄体ホルモンに近い働きを持っているため、むくみなどの副作用が出にくいという特徴があるため、利用する人が多くなっています。
またヤーズは、ホルモンバランスが変わることで起きる、体重変化やニキビの発生率が少ないと言われています。病院でピルを処方される際に、従来のピルが身体に合わない人には、このヤーズが処方されます。
ヤーズにも副作用が現れる人はいますので、服用して症状が現れた場合は飲むことを中止し、医師に相談しましょう。また、ピルの服用を避けた方がよい人がいますので、使用する前に必ず説明書を読むようにしてください。
避ける条件はいろいろありますが、そのひとつにエストロゲン依存性悪性腫瘍の乳癌や子宮内膜癌などの疑いのある人は、服用をしてはいけません。