ピルについて考える女性

妊娠する気がハナからないなら、避けられる手段があるのならば、その手段を活用しましょう。ピルによって避けられる想定外をなくし、安心を得るためにピルについてもっと知りましょう。

モーニングアフターピルのプリベンは食後に飲む?

避妊に失敗した時に服用することで、妊娠するリスクを減らすことができる薬をアフターピルと言います。避妊の際に毎日服用するピルよりも多くの女性ホルモンが配合されていて、女性ホルモンの体内濃度を大きく変えて排卵を防いだり、受精卵が着床する子宮内膜を剥がして生理を起こし、受精卵の着床を防ぎます。アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれるように、避妊に失敗した時に服用するもので、性交渉のたびに服用するものではありません。また、モーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬はプリベンというものがありますが、実はこれは日本では処方されていません。日本では中用量ピルをアフターピルとして処方していることがほとんどです。インターネットの通販などで個人輸入として購入することができ、1回分が約10000円程度となります。日本では、服用することでプリベンと同等の女性ホルモン量を体内に摂りいれることができる量の中用量ピルが処方されています。日本ではあまり知られていませんが、低用量や中用量のピルを緊急避妊薬として使用することはアメリカなどでは良く知られている方法です。
プリベンをはじめとする緊急避妊薬を服用するタイミングを悩む人が居ますが、特に早めに飲まなければ妊娠するリスクが上がってしまうため、処方後はすぐに服用するようにしましょう。吐き気や嘔吐などの副作用が気になる場合には、食前や食後などのタイミングを避けるようにします。万が一嘔吐してしまった場合には、すぐに処方してもらった医療機関に連絡し、適切な処置を取るようにしましょう。しっかりと女性ホルモンが体内に吸収されていないタイミングで嘔吐した場合には、避妊効果がなくなってしまう場合があります。